こんなに違う激安葬式の諸費用比較

激安のお葬式として、注目されているのが直葬とも呼ばれる火葬式です。お通夜も告別式も行わず、火葬のみを執り行うため費用がもっとも抑えられることから、近年選ぶ人が増えています。同じ直葬プランであっても、葬儀社によって価格設定がかなり違っていますので、見極めが必要となります。激安だからと言って、あまりにも自宅から遠い斎場になってしまうと、交通アクセスの面などで不便になってしまいます。故人が病院で亡くなった場合、遺体搬送を急かされ、病院が勧めた葬儀社に慌ただしく依頼することになり、予算に見合った選択ができなくなることもあります。その点も注意が必要です。火葬のみを行う直葬でも、遺体を寝台車で運んで棺に納めなければなりません。法律上、亡くなってから24時間は火葬が許されませんので、それまでのあいだ安置するために必要なドライアイスなどの費用も別途かかります。それらを執り行う葬儀社の人件費や運営費なども諸費用としてかかります。

必要な諸費用込みの料金であることを確認

火葬のみの直葬であっても、火葬場と葬儀社に支払う費用にはかなりの幅があります。平均で25万円前後かかると考えられていますが、高額なものでは40万円ほど、激安のものでは10万円ほどとなっています。比較サイトで目を引く効果を狙って10万円以下と設定している葬儀社もありますが、内容をよく見ると火葬費用が別になっていたり、必要な祭具などもオプション料金として加算される仕組みになっているケースもありますので、プラン内容をよく読んで精査することが肝心です。必ずかかる費用としては、お棺が3万円から8万円ほど、安置場所まで搬送する寝台車が1万3千円ほど、枕飾りセットが1万円から1万5千円ほど、ドライアイス1日分が8千円から1万円となります。人件費や葬儀運営費にはかなり幅がありますが、3万円から10万円、これに遺体安置の保管料として3千円から2万円がかかります。

激安であっても安心して行いたいお葬式

10万円以下という特に安価なプランを提示している葬儀社は、必ず必要な枕飾りや安置にかかる費用などがオプション料金となっており、精算時には倍以上となっていることがあります。必要な費用がすべて込みとなっていて20万円ほどのプランを選ぶほうが結果的に安く済むこともあります。通常の葬儀社に依頼しておこなう直葬よりも、さらに費用を抑えられるのが、公営の斎場が設定している葬儀プランの利用です。料金設定がシンプルであることに加えて、居住地域の公営斎場であれば、火葬費用も市民料金など割安で利用できます。公営斎場は、大抵の場合火葬場に併設されていますので、もっとも直葬に向いている斎場とも言えます。ただ、葬儀が重なっているときは待たされる可能性があることと、火葬場併設だけに、公共交通機関のアクセスが良くないエリアにあることが一般的です。安いということのメリットとデメリットを明確に把握しておきましょう。