これからの激安葬式について考える

近年、葬儀の形式そのものが大きく変わってきています。一昔前は、病院で亡くなったとしても故人の遺体は自宅へ搬送され、近隣住民の協力のもとに葬儀が行われていましたが、今はマンション住まいが増えたこともあって、病院から斎場へ遺体を搬送、そこで葬儀が行われるケースがほとんどとなりました。そうしたこともあって、よほど親しい近所付き合いをしていない限り、葬儀が行われる斎場へ近隣住民が参列することも少なく、葬儀を取り仕切るのは葬儀社ということも一般的となりました。家族だけで行うコンパクトな葬儀である家族葬が増えたことには、そういった背景もあります。家族葬が増えた背景には、費用の面も大きく関わっています。親類縁者や故人と親しかった友人知人、近隣住民や会社関係など多くの人が参列する一般的な葬儀に比べて、費用がかなり抑えられるという点は、やはり大きな魅力となります。

今後さらに選ばれる傾向が強まる火葬式

かつての葬儀は、お金がかかって当たり前という考え方が定着していました。故人のために立派な祭壇をしつらえ、故人との別れのために参列してくれた人々を通夜振る舞いなどでもてなすということも含め、数百万円ほどかかるのが通例となっていました。ここ10年ほどのあいだで、葬儀そのものの簡素化と価格破壊が進んできました。ネットの比較サイトなどで、激安の葬儀社を簡単に見つけることができるようにもなり、少しでも安い葬儀社が利用される傾向が、さらに強まっています。激安という点でもっとも注目されているのは、やはり火葬のみを行う火葬式です。直葬とも呼ばれていて、お通夜も告別式も行わないため、時間がかからないという点でも、忙しい現代人に選ばれやすい葬送形式となっています。

激安でも心のこもったお別れができる葬儀

お通夜も告別式も行わない火葬のみの直葬では、故人との別れのひとときがあまりに短いとのことで、不安に思う人もいます。実際、慌ただしく感じてしまうこともあるようで、その心配がある場合は、火葬式ではなく告別式だけは行う一日葬にするほうが、後悔せずに済みます。直葬や一日葬は、家族葬形式でもありますので、弔問客への気遣いもなく家族と親戚のみで故人との別れのひとときをゆっくりと取れるという考え方もあります。激安の火葬式だからといって、故人との別れがおろそかなものになるわけではありません。もっとも安価な直葬においても、各葬儀社によって価格設定には大きな幅があります。概ね15万円近くという価格帯が一般的となっていますが、さらに格安料金を提示している場合、必要なものがオプションで加算されて割高になることがありますので、注意が必要です。火葬場併設の公営斎場の利用が一番安心と言えます。